PIERRO TOUR 「TEMPORARY DECISION」名古屋公演









この日は前日まで家族旅行に行っていたため、相方と一緒に鈍行で名古屋に行きました。
めっちゃしゃべってたな!なんであんな話すことあったんだろうな!笑。
名古屋に着いて、とりあえず荷物は置かないと話にならんってことで一度アタシの部屋へ。
そこでアタシはひっさびさにゴシックに着替えたんですが、事件発生。
太ったためパンツがギリギリ状態に…。
せ、せっかくオールBOZで行こうと思ってたのにーーー!!!?号泣。
入るこた入るんですが、PIERROTのライブでそりゃ危険なので全ゴムのロングスカートに路線変更。
荷物も「財布と携帯ありゃいいわ〜」と、昔のツアービニバに突っ込んで会場に向かいました。
今回はK雪さんもご一緒、ということで現地でK雪さんと合流。
チケットを頂き、早速中へ。
いやしかしあの雰囲気…落ち着くわ〜(*´∀`*)
さすがV系ですね〜vv

中に入るときにチラシをもらえるんですけど、それを見てびっくりしたことが。
アタシ:「…潤じゅんの髪型…健ちゃんなんだけど…?汗」
いやもうマジで!
Vさんのファンにどう抗議されても言うよ!ありゃ健ちゃんだ。
K雪さんも「言われてみればホントだ…」とびっくりしてましたから!
(K雪さんは浜松で健ちゃんの髪型を確認済み)
なんだろー。潤じゅんの行った美容院が健ちゃんと一緒なのかなー??

とりあえず、席についたアタシと相方とK雪さん。
V系のライブはまず身軽になることが大事なので、その場で服をなるべく脱ぎます。
ライブ中は汗もかくので化粧も落とします。
(まあこの日、アタシはすっぴんだったので関係ないですがね)←時間切れで
代わりにアタシは履いていた靴を脱いで、座席の下へ。
ヒールの靴だったので飛び跳ねるには不向きだと、以前学習したためです。
身軽になった三人はまったりトークタイム突入。
往々にして5〜10分は押すので気楽に構えていたらほぼ時間通りに始まりました。
…ちっ。←コラ

セットリストは以下の通り。K雪さん、マジありがとうございます!!
・深い眠りが覚めたら
・FREEZE
・MYCLOUD
・PERFORMANCE
・GOD BLESS xmexxxx
・ICAROSS←振りつけ出来たよ!驚。
・サルビア
・有罪←久々!
・無罪←久々!
・HEAVEN
・PERPLE SKY←1年ぶりv
・パラノイア
・OVER DOSE←大好き!!
・ATENA
・SUPER STRING THEORY←「超ヒモ理論」笑。
・ネオグロ

アンコ1
・FINALE←懐かしいわ〜…。
・パウダースノウ

アンコ2
・WINDOW
・ENEMY
・PSYCHEDELIC LOVER

ジャニさんみたいにOPとか、MCのタイミング決まってないんで、どこで喋ったのか覚えてません!
ただみんながよく噛んでいたことは事実です。
(キリトの「年のしぇに」はつぼった。笑)←正解「年の瀬」
あと、アイジの「うるせぇ!!」ね。
あんな強い調子の「うるせぇ!!」は初聞きでしたよ〜vv
どこだったのか忘れましたが、キリトが「お前らは変態だ!」と会場を煽ってて(当然ファンは喜んでるんです)、「だけど、もっと変態なのはコイツ(TAKEO)だ!」とドラムセットの中のタケぽんを指差してました。
そして誇らしげに腕を掲げるタケぽん…。
…。
なんて楽しいバンドかしら!!嬉。
このノリですよ〜ライブと言ったらこのノリなんですよ〜。
なんだかんだと1年に1回PIERROTのライブには来てますね…夏にはキリトのソロにも行ったし…。
前はよく日武だの横蟻だの大阪だの行ったな〜…(遠い目)。

えーこの日はホント楽しくてですね、久々にジャー熱が戻りました。
もう潤じゅんが可愛くて可愛くて可愛くて可愛くて以下エンドレス。
必殺かに歩きとか必殺かくれんぼとかやらかしてくれちゃうもんだから!!
もう叫びっぱなしですよ。
とは言え、最盛期のころには遠く及びませんが。割と声を枯らしました。
ファンの振り(曲のリズム)にあわせて、下手花道をかに歩きしやがるんですよあの男!!
どうやら他の会場で、花道があるときにはしていたらしく。
計画犯かコノヤロウ!!
かくれんぼもそうですよ。
たしか終盤になってからだったと思うんですが、下手花道に来た潤が急に姿が見えなくなって「え!?客席下りた!!?」と思ってたら物陰からひょい、と顔を出す下手ギター…。
(しかも悪戯が成功したかのような少年の笑みを浮かべている)
ちくしょう可愛いんじゃボケーーー!!!←錯乱

あとはキリトのお決まりの腰振りとかあったりね(「腰を振って君を〜♪」のとこで潤じゅんにバックからガツガツ腰を振るキリト)。
…あれ、もうずっと相手が潤なんだけど他の人にはやらないのだろうか…??
少なくともアタシが見に行ったライブは全部潤が相手です…。
下手の花道でKOHTAと潤がセッション(?)をしていたり。
アイジのマイクでコーラスをする潤だったり。
「いい加減髪切ればいいのに」と思うアイジだったり(待て)。
KOHTAの二の腕が素敵だったり。
(ノンスリーブって…イイねっ☆(*´∀`*))
やっぱりヘドバンって気持ち良いな〜vと痛感したり。
ただやっぱヘドバンは髪が短い方がいいっすね。
アタシ、一応髪縛ってたんですけど邪魔だからずーっと縛った髪を片手で固定して頭振ってましたから。
前の人に当たってる(もしくはかすめてる)んじゃないかと心配だったし…髪が長いとヘドバンは考えもんです。
…お団子みたいにまとめとけばいいのか??

2回目のアンコールが終わって、メンバーがピックとかペットボトルとかスティックとかタオルとかを投げ終わった後、潤じゅんがひたすら携帯(多分)で会場写してたのはよく覚えてる…。
なんでデジカメ使わない!!?って思ったもん。
そしてその操作に気を取られ、一番最後までステージに残っていた潤…。
はけていくタケぽんが「おい、帰るぞ〜」的にかるくぽん、とたたいてようやく一人と気付く潤。
慌てて操作をし終えて舞台袖まで来る潤。
そして毎回のお約束、投げキッスをして帰る潤。
…お前は本当に三十路をこえとるのか!?
ハムスターみたいだよー。ステージにハムスターがいるよー。←フィルター

誰がなにした〜とか、なにを喋ったのか〜ってのを綺麗さっぱり忘れたので詳しいことは書けないんですが、すごい楽しかったです!
どのくらいかと言えば、ライブが終わったあとに
アタシ:「楽しかった〜!!超楽しかった!」
K雪:「ねー、楽しかったね〜。…明日(V6コン)の後にこれの方が良かったんちゃうん?」
アタシ&相方:「あぁ〜〜〜……(↓)」
という会話があったくらい(わかんねぇよ)。
あ、言っときますけどV6のコンがつまんないってことじゃないですよ。
PIERROTみたいにV6は暴れられないからって意味ですよ。

で、会場を出たあとK雪さんのお友達だというちっちゃくて可愛らしいコーターさんと合流。
そのままタワーズ行って、ご飯食べながら長野にあったというリアルなKOHTA雪だるまを見せていただき笑い転げましたv
他のメンバーの雪だるまもあったんですが、何故かKOHTAだけ異様にリアルだったんです…。
愛されてるな!KOHTA!!笑。
そのコーターさんは、夜行で帰るというので地下鉄の終電近くまで改札口でねばりお見送りをしたあと、3人で小汚いアタシの部屋へと帰ったのでした。
…狭くてごめんね…。今度はちゃんと片付けておく…(ホントかよ)。
次の日、K雪さんは午後からお仕事があるというので起床時間を確認して夜中の三時ごろ(遅いな…なにしてたんだっけ?)就寝。
次の日に備えたのでした。


Vさんに比べて短いレポなのはなんででしょうね〜。笑。
ここまで読んでくれてありがとうございました!
ブラウザを消してお戻りください。