2005J1第26節清水エスパルスVSガンバ大阪



本当は書きたくない…。○| ̄|_

今回は仲良くさせてもらっているガンバサポさんと一緒に観戦しました。
今年の夏前くらいに「観ない?」と誘われて。
で、Aゾーンのアウェイ寄りの席で観ました。
…正直あんな席で観たの初めてでした。
日本平のアウェイ側って未開なんだよな…(個人的に)。

<試合前>
クソ暑い…。
公式記録が32度って時点で「今何月だと思ってんだ」と。
(10月で30度越えはきつい…)
席につくものの、屋根がなくタオマフを頭に乗せて「暑い…」とぐったりする一同。
いや〜…地元民が言うのもなんですが…静岡気候良すぎです。
しかもガンバユニの中に一人ぽつん、とオレンジ(海人Tシャツ)着てる人間が居るもんだからそれもそれで異様…。
(私だいたい清水戦のときは海人Tシャツです)←山本海人選手が好きだから
スタジアムに入ったときはパルちゃんショーをやっていて、テンション上がったんですけどね。
しかもHGレイジーラモンで恋のマイアヒときたもんだ。
…びっくりだよ、パルちゃん。
さすがリーグ1芸達者なマスコットだよ。

<前半>
メンバーはこんな感じ。
清水
GK:西部
DF:市川、斉藤、和道、山西
MF:太田兄、テル、浩太、兵働
FW:マルキーニョス、ジェジン

ガンバ
GK:藤ヶ谷
DF:実好、宮本、山口
MF:光輝、橋本、松下、フタ、アラウージョ
FW:オグリ、フェルナンジーニョ

控えはあんまり覚えてない…(おい)。
こんだけ覚えてられたのもガンバに好きな選手が多いからであって、いつもここまで覚えてられん。
覚えてるのはガンバの控えに松浪兄貴と宏太と家長くんが居たことと清水の控えGKはうみんちゅじゃなかったってことです。爆。
うみんちゅーーーー!!!この前はベンチ入りだったのにーーーー!!!!号泣。
いつもそうだ…アタシが居るときにうみんちゅはベンチに入ってくれない…。涙。

さて、前半のキックオフ。
初めはねぇ…清水もそれなりに健闘してたと思うんですよね。
ええ、初めは。←ここ重要
そうだなぁ…記憶が正しければ20分か30分くらいまで??
そして前半で唯一(凹)目立った活躍をしていたマルキーニョス負傷交代。
へこんだわ〜。これは痛かったわ〜。
代わりにヨシキヨが入りました。
…いつも思うけど、ヨシキヨちっさ!←大きなお世話
が、マルキーニョスの個人技がなくなったことにより打開策がなくなり…。暗。
なにが嫌ってサポなら誰もが「嫌だ」「最悪」だと思うオウンゴールが最初の失点ってことなわけで。
漢字に直すと自殺点。
…最悪。
それで口火切っちゃった…。あ、この場合は「切られちゃった」??
その後に今度はフェルナンジーニョに決められ前半終了。
アウェイ側が最初のエスパ陣地だったもんで見たくないものを目の前で見てしまった…。

…ちょこっと書くと、「今の入ったんじゃねぇの!!?」的なガンバシュートがあったんです。
ちょうど座ってたとこが、ゴールラインだったからよーく見えたんですけど。
混戦の中(確かCK)西部くんが前に出ちゃってて、GKが居ないゴールに誰かは分からないんですけどガンバのシュートが放たれまして。
「きゃーーーーー!!!」と思ったら斉藤さん(確か)がすんでのところでクリア!
助かった!と思ったんですが、一緒していたガンバサポさんはブーイング。
「今の入ったってーーー!!!」とゴールを指差すものの、試合は続く…。
必死になって「審判が入ってないってんなら入ってないって!」「ゴールラインわってないって!!」と軽く言い合いになりました。
どっちも必死。
いやでもね、この場を借りて言わせていただければね。
あれは入ってない。
誤審だなんて言わせない。←ゴールライン目の前

<後半>
あまりの暑さにハーフタイム中は日陰に避難してました。苦笑。
ホント今何月だよ…と何度思ったことか。

ガンバは頭から家長くん投入。
名古屋の本田くんと仲良し家長くん。…正直、この試合じゃなかったら喜べていたものを。
清水…「後半は立ち直れ〜」と思っていたんですが…届かず。涙。

なにがいかんのか、と聞かれれば「根性ねぇからだ」と答えたくなる…。
乱暴な言い方ですけどね。集中力なさすぎ。涙。
つまらんミス多すぎ。
そして後半5分とたたずにまた失点。勘弁してくれ…。
あれです。最も決められたくない男オグリに決められました。
…あれですかね。
立ち直ろうとしていた直後の失点だったからガタガタになったんですかね??
……………。
それはそれで情けない。

2点目までは「ひっくり返せる」と思えるけど、3点入ると気が滅入る。
無理だと、正直思うね。
で、そこでなにを思うかっていうと「1点くらい返せ!」なわけです。
ちょっとぐらい反撃しないと!と。
…その「反撃」も遅かったなぁ〜…出るの…。遠い目。
4点目の後だもんなぁ〜。

4点目が入るまでに、ガンバの実好さんが交代して入江が入ったり。
おめでとうC契約!な真希くんが山西くんと交代で出たり。
西野が交代で出たり。
…浩太ずいぶん痛んでたけど大丈夫かな…。
やっと復帰したんだからもう怪我とかやめてほしい。

西野が、バー直撃のシュートを打って「おおっ!」って思ったんですけど思っただけだった。凹。
っていうか、4点目入った時点でもう人が帰る帰る。
アタシも帰ろうかと思ったもんな!帰った人を責められないよな!涙。

で、「反撃」を太田兄が決めたわけです。←簡潔すぎ

結果、1-4で試合終了。
…(つд`)
ブーイングすごかったな…こっちにまで聞こえたもんな…。


あのですね、この試合、ホーム100勝目がかかった試合だったんですよ。
…100勝目どころか大敗してしまい、そりゃブーイングもおきるわってな話で。
しかもガンバ戦だからなのか14,444人も入りまして。
みっともない試合見せちゃったもんだ全く…と思い帰路に着く。
なぜだかどっと疲れたのは気のせいじゃないはずだ。

<個人的なツボ>
・試合前のサイン会がうみんちゅだった(と、ユキヒコ)。
・フタとイチのマッチアップ。
・試合後、宏太がバックスタンドに挨拶に来た。←なんでだろう
・兵働くんのCK
さり気なく相手を削っていく真希くん。
こんな感じか…。


えー…もうね、こうなればね、スローガンをやっぱこう変える必要があるかな、と。
題して「(J1に)縋る思い」
これ、真面目に我が家では言ってます。
すでに標語です。←マジ
次は落とさないで下さい。
今、大宮と勝ち点ならんで15位なんですから。
気合入れてJ1に縋ってください。


ブラウザを閉じてお戻り下さい。